【コンフィデンスマンJP】リチャード役は小日向文世!役柄や経歴など!

2018年4月にフジテレビにて放送の「コンフィデンスマンJP」のキャストについて!

今回は、リチャード役の小日向文世さん。

小日向さんといえば、数々の作品に出演されていて、どんな役でもやってのける超ベテラン俳優さん!

味があって、出演される作品に品を持たせてくれる方で、個人的に大好きな俳優さんです。

今回はどんな役柄なのでしょうか?経歴や演技力などもまとめてみました!



【コンフィデンスマンJP】リチャード役は小日向文世!経歴は?

小日向 文世(こひなた ふみよ)さんは1954年1月23日生まれの64歳。

北海道出身の俳優さんです。

22歳になってから俳優としての活動をし、中村雅俊さんのコンサートスタッフとして手伝いをしているうちに、中村雅俊さんの付き人に。

39歳に11歳年下の女性と結婚しますが、42歳のときに劇団が解散してしまい俳優としての活動もうまくいかず借金生活を送ります。

2001年、47歳のときに転機は訪れます。

三谷幸喜演出の舞台『オケピ!』に出演する姿を見たプロデューサーによって、

月9ドラマ『HERO』(2001年)にメインキャストの1人として起用されます。

当時視聴率が30%記録したこともあり、その後小日向さんは仕事がバンバン来るように!

これまで、映画「アウトレイジ ビヨンド」「清須会議」「重版出来!」「ミックス。」など様々な役を演じてきました。

舞台俳優さんは儲かっているというイメージはありませんが、小日向さんが苦労されていたことは初めて知りました!

借金生活をされていたことには驚き!

「HERO」では当たり前のように小日向さんの存在があったので、この事実には衝撃を受けました。

”続けていれば、必ず見てくれる人がいる”ことを証明した方です。

【コンフィデンスマンJP】リチャードの役柄は?どんな役?

そんな小日向文世さんが演じるのは、リチャードという役!

百戦錬磨のベテランコンフィデンスマン(詐欺師)役を演じます。

蝶ネクタイ姿が印象的なリチャード。

”性格は温厚だが、いったい何者なのか誰も知らない神出鬼没で捉えどころのない人物”という設定です。

小日向文世さんは、藤村俊二さんをイメージしていて「難しい」とコメントを出していますが、

「なんとなく、こんな役なんだろうなぁ」とイメージできるぐらい役にハマっている気がします。

【コンフィデンスマンJP】リチャード役の小日向文世 演技評価は?

ツイッターでは・・・

かなり演技評価が高いですね!

小日向文世さんの個性的な声もまたいいんですよね~。

まとめ

今回、2018年4月放送の月9「コンフィデンスマンJP」のリチャード役・小日向文世さんについて簡単にご紹介しました。

調べてみて改めて思ったのは「リチャード=小日向文世さん」というイメージがすでに出来上がっているということ。

かなり楽しみな配役となっています。

長澤まさみさんと東出昌大さんの3人での共演は初めてなので、どんなふうにドラマが進んでいくのかも期待の作品ですね!

それでは、最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.