【コンフィデンスマンJP】3話に高畑淳子!?ネタバレ&感想!

【コンフィデンスマンJP】3話もあっという間に終了しました!

今回のターゲットとなったのは石黒賢さんです。

石黒さん演じる悪徳美術商は予告を見る限り相当なクズだと見受けられましたが、どのような騙し合いだったのでしょうか?

そして、話題となった高畑淳子さんとは!?

それでは、さっそくネタバレ・感想にいきましょう!

【コンフィデンスマンJP】3話あらすじ

「美術商編」

ボクちゃん(東出昌大)は、カフェでアルバイトをしていた画家志望の美大生・ユキ(馬場ふみか)と知り合います。

しかし、ユキが美術評論家・城ケ崎善三(石黒賢)にもてあそばれ

自殺未遂にまで追い詰められていることを知り、城ケ崎から金を奪おうと決意します。

ダー子(長澤まさみ)に内緒でリチャード(小日向文世)に協力を求めましたが、

相手を大物だと判断したリチャードはダー子にも話してしまいました……。

城ケ崎の父は画家でしたが才能に恵まれず、貧しい家庭で育ちました。

独学であらゆる芸術作品を学んだ城ケ崎は、

行方不明になっていた名画を発掘して名をはせ、現在は美術品鑑定の冠番組まで持っています。

しかしその本性は、持ち込まれた美術品の真贋を偽って安く買い上げ、

裏社会の顧客に密かに売却して大儲けしているうえに女癖が悪いという、金と欲にまみれた男だったのです。

ダー子は、中国人バイヤーとして城ケ崎のオークションハウスに潜入し、

金に糸目をつけずに大量の作品を買い上げて彼の信用を得ます。

そして贋作作家・伴(でんでん)に、ピカソの『まだ世に知られていない作品』の制作を依頼したのですが………。

【コンフィデンスマンJP】3話・感想&ネタバレ

またまたボクちゃんの個人的な思い入れのため、城ケ崎をターゲットにしたダー子たち。

有名な美術商から金を巻き上げるため、ダー子はいつものように美術作品について猛勉強します。

そして中国人になりきる!(笑)

「ナオミとカナコ」(2016年1月期)で高畑淳子さんが演じた中国人感が炸裂していて噴き出しそうでした。

↓こちらが「ナオミとカナコ」の高畑淳子さん

めっちゃ似てる!

このコスプレは彼女へのリスペクトに違いない!と、勝手に納得しているところです。

山本巌という偽の天才画家に仕立てあげられた養鶏業に携わる人物が

「カリメロしか描けません」って言ったのも結構ツボでした。

カリメロって、卵の殻を被った黒いひよこなんですよね。

カリメロ大好きだった視聴者さんはちょっとニヤニヤしてしまったのではないでしょうか?

こういう、ところどころに散りばめられた脚本の遊び心って本当に好きです!

【コンフィデンスマンJP】3話・ネットの反応は?

第一印象は「李さん(高畑淳子さんが演じた中国人)、話題に上りすぎでしょ(笑)」です。

それくらいダー子がきっちりコピーしてたってことなんですけどね。

高畑淳子さん以外にも、ブルゾンちえみさんの動きを真似るダー子や、

ひどいフェルメールを描くダー子(ダー子ばっかりだ!)たちへの鋭いツッコミがバンバンきていましたよ。

2話で話題にさせていただいた中島健太さんのツイートもありました!

⇒【コンフィデンスマンJP】偉人の肖像画を描く画家・中島健太って?

まとめ

3話ではボクちゃんが騙されなかったんじゃない?!

って少し不安になっていましたが、結果としてユキに騙されていたということでオッケーなのかな?

純粋に夢を追いかけていると思ったユキが実はピロービジネスをして

パトロンを得るようなしたたかな女性だったという、ボクちゃんにとってはまたまた可哀そうなオチではありました……。

そんなユキとは対照的に、子供に「良い絵だね」と言う城ケ崎の姿を見て、

本来の自分を取り戻していってほしいなと思ってしまいました。

さて、4話のゲストは佐野史郎さんです!

「新旧冬彦さん??!」なんて囁かれていますが、それについてはまた別の話にて……。

それでは、最後までご覧いただきましてありがとうございました!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA