【コンフィデンスマンJP】佐野史郎冬彦さんって!?東出昌大さんの共通点も!

4話で、ダー子(長澤まさみ)たちのターゲットにされてしまったのは

食品の産地偽装をしている企業の「仕事できない系二代目社長」俵屋勤でした。

これを演じたのは佐野史郎さんです。

こういうクセのある役をやらせたら、右に出るものはいないのではないかと思わせる独特の存在感がある俳優さんですよね。

この佐野史郎さんのことを少し調べてみたいと思います。

【コンフィデンスマンJP】4話・佐野史郎さん・出世作のことなど調べてみた

佐野史郎さんは、島根県松江市出身で1955年生まれの63歳です。

ちなみに奥様は女優の石川真希さん。

1986年の映画デビュー以降、映画にドラマにと活躍中です。

最近の作品では「おんな城主直虎」(2017)の太原雪斎役、「西郷どん」(2018)の井伊直弼役などがあります。

そんな佐野さんの大出世作は、「ずっとあなたが好きだった」(1992年7月期)です。

このドラマで演じたマザコン夫「冬彦さん」が大ブームを巻き起こし、

翌年1993年には続編とも言えるような「誰にも言えない」

さらにストーカー度の増した山田麻里夫役を演じ、どちらも高視聴率を叩き出す結果となりました。

前述の「冬彦さん」は、息子に対して極端に異常な愛情を持つ母親(野際陽子)に育てられ、

これまた異常なマザコンになってしまったようです。

このようなマザコン男のことが「冬彦さん現象」と呼ばれるほど話題になったのは、

言うまでもなく佐野さんと野際さんの怪演のなせる技!

主演の妻(賀来千香子)とその昔の恋人(布施博)とのラブストーリーのはずだったのに
(タイトルからしてそうなのに(笑))、

この主演のおふたりを食っちゃったのが佐野さん演じる「冬彦さん」だったんですね。

(冬彦さん・参考画像)

西本 智也さん(@dattra468)がシェアした投稿

(ちょっと怖かった………)

【コンフィデンスマンJP】ボクちゃんを演じる東出昌大さんとの共通点は?

4話のゲストが佐野史郎さんだと聞いた人が

「これはもしや新旧冬彦さんの顔合わせ?!」などと盛り上がっていましたが、

冬彦さんを知らない世代の人は「てか冬彦さんって誰?」ってなっちゃいますよね。

そう、東出昌大さんは「あなたのことはそれほど」(2017)で、

妻に男の影を感じ始めてからというもの、夜中に携帯を覗く、大量のLINEを送りつける、

妻の浮気相手との接触をはかる、などの激しい束縛や監視行為をする夫の役を演じていたのです。

普段は家事も料理もしてくれる優しい夫だけに、

その狂気の隠された笑顔や壊れた時の様子が冬彦さんとかぶり、

冬彦さんを知る世代にとってはとても懐かしく思い出されたのでしょう。

放送当時は「冬彦さん」が検索ワード上位になったりもしていたので、

東出さんの怪演も視聴者にはかなりのインパクトを与えたようですね!

【コンフィデンスマンJP】「新旧冬彦さん」についてネットでは?

2人の共演については早々に気づく人がたくさんいましたが、今回もたくさんのつぶやきがありました。

年月を経てなお、冬彦さんの知名度半端ないです(笑)

2人を温かく見守る視聴者さんが多くて、なんだかほほえましくなってきちゃいました。

そして【コンフィデンスマンJP】で見せた変わらぬ演技力の高さには絶賛の声が相次いでいました。

まとめ

東出さんとは初共演だったという佐野史郎さんですが、

ネットでの「冬彦さん再来!」的なニュースを見て親近感をおぼえていたのだそうです。

こういう、役での共通点によって繋がりが生まれるのってなんだかいいですよね。

「ずっとあなたが好きだった」は、26年前のドラマですので知らない人もたくさんいると思います。

当時のドラマって今ではとてもできない描写もたくさんあって衝撃かもしれませんが、

機会があれば古いドラマの鑑賞をしてみるのもおすすめです。

6月スタートの新ドラマ(フジテレビ系列大人の土ドラ枠)では主演を務めるそうですので、

こちらもぜひチェックしてみてください!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA