【崖っぷちホテル!】2話ネタバレ・あらすじ・感想!宇海の目的は?

佐那(戸田恵梨香)の依頼を承諾し、ホテル「グランデ・インヴルサ」へ来ることになった宇海(岩田剛典)。

クセ者だらけのこのホテルを再建するべく動き出す注目の第2話です!

かつての栄華が再び蘇るのか、どんな策で大逆転を目指していくのか…

今はまだ予想もできないのですが、のんびり楽しんでいきたいですね。

それでは第2話のネタバレと感想にいきたいと思います!

【崖っぷちホテル!】2話・あらすじ

佐那の申し出を受け入れた宇海は、人気高級ホテルの副支配人を辞めて「グランデ・インヴルサ』で働き始めました。

社員を集めたミーティングで宇海は人事の大幅な変更を言い渡し、自らは副支配人に就任。

さらに古い設備の改修を行うことを宣言し、また、これまでに訪れた顧客名簿すべてに目を通すよう従業員に命じました。

ざわつく従業員たちをよそ目に、空気の読めないパティシエ改め、

総料理長に任命されたハル(浜辺美波)が、「幻のケーキ」を作ってみたいと意気込んでいました。

それを見た宇海は「ケーキフェア」を行うことを提案します。

しかし、総料理長を下ろされた江口(中村倫也)ら従業員たちの様子を見て佐那の不安は募るばかり

しかも、時貞(渡辺いっけい)や枝川(りょう)らは裏でイベントの失敗を目論んでいました。

大改革の第一歩となるはずのこのイベント、果たして成功するのでしょうか?

そして、宇海の真の目的は?

【崖っぷちホテル!】2話・感想&ネタバレ

にこ☺︎︎さん(@smile.1224511)がシェアした投稿

宇海による人事の変更などによって従業員らの反発がますます強まる中、訪れた女子高生がケーキを注文します。

そしてそのケーキを食べた女子高生・茜(吉川愛)が突然泣き出して………。

顧客名簿を見て、茜が小学校入学のお祝いで食べたはずのケーキのことを突き止めた佐那らは、彼女の笑顔を見るために尽力しました。

実は茜は両親を事故で亡くしており、父が生前「グランデ・インヴルサ」のことをいつも自慢していたこと、

前総支配人であった佐那の父が、亡くなるまで茜に手紙を送っていたことを聞かされます。

高校生になった茜は、再びこのホテルに来て思い出のケーキと同じ味のケーキを味わうことができたのです。

こんなことが本当にあったら素敵だなぁと思える、とても素敵なお話でした。

2話では、「お客様の思いを共有する」という接客業の基本ともいうべき姿勢を、従業員それぞれが再確認したように思いました。

また、このことによって得られる喜びが次のお客様へと繋がっていくのだろうなぁという希望も見えてきましたね。

大改革の第一歩として、茜の思いを大切に受け止め笑顔にしてあげられたことがとても嬉しかったです。

【崖っぷちホテル!】2話・ネットの反応は?

さて、2話も「岩田剛典さん可愛い!」の声が優勢なのですが、中村倫也さんへの萌えコール(?)も日に日に増えてきていますよ!

そうそう、それから目覚まし時計の声でまさかの出演!

杉田智和さんがかなりのインパクトだったようですね!

それにしても声だけで、あれ??ってなってしまうところが杉田さんのすごいところです。

まとめ

ネットの反応を見ていてよく目につくのは

「明日からまたがんばれる!」という言葉なのですが、

こんなふうに思えるドラマって大事だなぁと改めて感じています。

日曜の夜に見るのにいい意味でぴったりの、気負わず見られるほんわかした空気感がとても心地いいんですよね。

少しずつ従業員たちの気持ちが一つになっていくのを見守っていきたいです。

3話からは、川栄李奈さんが出演されるということで、ますます目が離せなくなりそうですね!

それでは、最後までご覧いただきましてありがとうございました!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA