【正義のセ】4話感想&ネタバレ!

​3話では、優希とまさかの破局!

今後の凛々子の恋愛模様も気になるところです。

4話は、イケメンと話題の白洲迅さんがゲスト出演されています。

白洲さんの演技にも注目の「正義のセ」第4話の感想&あらすじを書いていこうと思います

「正義のセ」4話あらすじ!

港南支部に異動して1ヶ月、凛々子の歓迎会が開かれました。

そこで、事務官たちから、大塚や徳永の検事の仕事ぶりを聞いて、

「できるかなぁ、私にもそんな取り調べ」と言うと、

相原からは無理だと言われ、「「基本のキ」からとにかく冷静に」と諭されます。

そんな凛々子が今回任されたのは、交通事故案件。

青信号をわたっていた老人が、若者の運転するバイクにはねられ、死亡した事件。

加害者はまぶしくて信号が見えなかったと言います。

「冷静に」と相原に何度も言われていたが、

被害者遺族の悲しみや「厳しい罰にしてほしいです。お父ちゃんを殺したんだから、許せないです。」

という思いを聞き、加害者に厳しく接する凛々子。

しかし、調べていくうちに、加害者の「人を殺してしまった」という苦悩に気付き、凛々子の悩みは深くなります。

被害者遺族と加害者、双方の想いに、凛々子はどう判断を下すのか。

「正義のセ」4話動画を見た感想&ネタバレ!

早朝に日課の散歩をしていた老夫婦。

青信号の横断歩道を渡ろうとしたとき、妻のフネは胸が苦しくなり、信号の手前で立ち止まります。

そのことに気付かず、一人、横断歩道を渡り始めたご主人は、フネの目の前でバイクに轢かれてしまいました。

フネは、加害者・勝村に厳しい処分を求めます。

勝村の聴取をした凛々子は、

はっきりしない態度に「反省しているのか」とイライラしながらも、彼のことを知りたいと、職場に行こうとします。

相原は、「容疑も認めているし簡単な事件だ。他にも事件がある」と言いますが、

凛々子は「帰ってきたらやります!」と聞く耳を持たない。

相原は認めるしかなく、「また、今日も遅くなるな」と呟きます。

気になることは徹底的に調べる!という凛々子の強さが恰好良かったです。

そんな凛々子に振り回される相原と、2人のやり取りを見て笑っている事務官・木村、榎戸の雰囲気が、今回1番好きなシーンでした。

あくまで、おまけ的なシーンですが(笑)

そこで、加害者の職場の人間は「事故は私にも責任がある」と言います。

人手不足で、シフトに無理があったのです。

また、被害者遺族に何度も謝罪に行っていること、事故現場に花を手向けていることを知ります。

「どうか少しでも、彼の罪を軽くしてください」と同僚たちから頭を下げられる凛々子。

なぜ、取り調べで何も言わなかったのかを聞くと、

勝村は「自分が人を殺してしまったことに変わりないです。」と表情を曇らせます。

始めは、信号無視したことを隠そうとしているのでは?

と疑っていた凛々子ですが、現場検証で勝村が嘘をついていないこともわかり、1件落着と思ったら・・・。

なんと、事故を目撃していた人がいたというのです。

しかも、歩行者が赤信号を渡っていたという、事件そのものをくつがえすような内容。

「歩行者側が赤信号だった」とはっきり証言する目撃者。

ということは、フネが嘘を吐いているのか。

フネは「信号は青だった」と言い張り、事故を起こした人間をかばうのか、さっさと刑務所に入れてくれと怒鳴ります。

そんなフネに凛々子は、加害者にも罪を償った後の人生があること、

そして「検事の判断は、人の人生を左右する大きな判断です。」と、何があったのか真実を知らないといけないと言いました。

しかしフネには、あんたの仕事なんて知らないと帰ってしまいます。

ご主人を亡くしてからすっかり自炊をしなくなったと言っていたフネに、凛々子は実家の豆腐を持っていくことにしました。

父の大豆へのこだわりを話すと、「うちも同じ。」と亡くなったご主人のお煎餅へのこだわりを話してくれます。

そのとき、フネの胸がまた痛くなりました。

凛々子が「大丈夫ですか?」と背中をさすった時、

フネは勝村が事故の際、うずくまっていた自分の背中をさすり、「大丈夫ですか?」と声を掛けてくれたことを思い出します。

勝村の将来を考えだしたフネですが、本当のことを言えません。

翌朝、事故現場に行ったフネは、勝村がお花を手向けているのを見て、とうとう本当の事を言う決心をしました。

点滅している青信号を渡り切ったあと、フネを迎えに行こうと赤信号を戻ってきたときに、バイクにはねられてしまったのです。

フネは、「彼はあの時、主人にも私にもできる限りのことはしてくれたと思います」と、

遺族として、あまり厳しい処分にしないように・・・と求めたのです。

凛々子は、被害者の信号無視、加害者の反省度合、事故後の誠意、遺族の罪の軽減の嘆願書から、

罰金刑が妥当と判断するのでした。

今回は事件が2転3転して、ストーリーとしても、とても面白かったです。

今までで一番良かったと思います。

いつもは、ただ正義を求めて突っ走るという感じでしたが、

立ち止まって考える姿や、フネに検事としてしなくてはいけないことを語るシーンは、凛々子の成長がうかがえました。

「正義のセ」4話動画・ネットの反応は?

 
「正義のセ」第4話、凛々子の成長がうかがえた、いい話だったと思います。
ネットでの反応はどうでしょうか。

「正義のセ」4話はストーリーが良かったなと思いましたが、やはりツイッターでも同じ意見の方が多いようですね。

相変わらず、三浦翔平さん人気が凄いですね!
今回は少しだけ、「やっと」という感じですが、取り調べ中の顔が見られましたね。

今回はゲスト出演の白洲迅さんも好評でした!

まとめ

 
「正義のセ」第4話、ネタバレはいかがだったでしょうか?

今回は、被害者遺族・加害者、双方の思いに触れ、沢山悩んでいました。

凛々子の成長、優しさも垣間見えた気がします。

これからも、事件のたびに成長していく凛々子が楽しみですね。

そして、5話の予告、気になった方も多いのではないでしょうか。

すでにツイッターでもざわざわしていますが、凛々子と大塚が・・・

まだ、恋愛云々ではなく、酔った勢いなのかな?という感じではありますが、恋愛関係に発展はあるのでしょうか?

三浦翔平さんが出ていて、ただの先輩っていうだけでは勿体ない気もしますよね(笑)

検事のときは凛とした綺麗さ、プライベートでは柔らかい雰囲気、笑顔をしている凛々子がとても可愛いので、また恋をして欲しいです。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.